贄 洋明

① 簡単に自己紹介(私ってこんな人)

1172d3cf0a4bd81809faa40660925c59
名前
贄 洋明 

年齢
四十代後半

住まい
豊川市在住

家族構成
優しくて?かわいい??妻と息子三人

趣味
野球観戦(もちろんドラゴンズ)
寝る事!

何の達人?
「アフターケアの達人」

② 好きな言葉(座右の銘)

“1日1日、1瞬1瞬に勝負がある。
「今」を勝つことが、一切の勝利の出発点である。
自分の心に嘘はつけない。
今いる場所で「本当にやりきった!」と誇れる勝利を飾ることだ!
その気概で挑戦を続ける人こそが、本当の勇者である。“


【偉大な人生の師匠から学ぶ】
困難な事や苦手な事に直面すると、後回しにしたり開き直って投げ出したくなってしまう自分でしたが、どれだけ言い訳をして例えその場をうまく取り繕っても、自分には嘘をつけません。

今いるこの場所で「本当にやりきった!」と誇れる自分になろう!
毎日が、失敗の連続でも挑戦し続ける忍耐の自分になろう!と、この御文を拝する時、原点に立ち返り、勇気を与えてくれます。

③ 私はこうやって達人になりました、達人になるコツなど

今いるこの場所で逃げずに挑戦し続ける事が、「達人」になる近道

私はもともと内向的で人が苦手です。
おまけに、我が儘で自分勝手な性格でしたので、会社勤めは無理だろう。と、職人を目指しました。

しかし、元々が自分勝手でしたので周りの人とうまくやれず、20年以上続けてきた自営業も行き詰まり、廃業せざるをえなくなりました。
悩み、苦しみ、どん底を経験して辿り着いたのがミズケンでした。
この会社には同じ境遇を経験してきた人が不思議にも大勢います。

経験は力になります。
経験してきたからこそ同苦する事ができます。

同じ悩みを抱え苦しんでいる人を、いつしか励まさずにはいられない自分になっていました。
「共に頑張ろう!逃げずに勝ち超えよう!」と、励ます事で、自分が励まされます。
共に戦う同志を持つ事、「我が友」と呼べる人間関係を作る事が、どれだけ大きな勇気を与えてくれるかをミズケンに入って気づかせて頂きました。

まだまだ弱い自分ですが、今いるこの場所で逃げずに挑戦し続ける事が、「達人」になる近道だと信じます。

④ 日々意識している事

言葉使いには気をつけるようにしています。

慣れてくると直ぐにため口になったり、上から目線でものを言いがちになりやすいので、感情的になりそうな時は、一呼吸置くなどして工夫をしています。

また、常に「第一声」が大事だと心得ています。
仕事で失敗をしたり、上手くいかないときは落ち込みがちになります。

そう言う時こそ、相手の方にも不快な思いをさせないように気を付ける様に心がけています。

⑤ 達人にとってミズケンとは

ミズケンとは私にとって「慈悲の精神」を学ばせて頂ける「人間主義」の道場です。

常に「何のため」と言う原点を考えさせられます。
根本が「自分のため」であればどんなにいい知恵、いい行動、いい結果が出せたとしても最後は息詰まると思います。

「あなたのため」と言う精神こそ自分自身の可能性を最大限に引き出させてくれる原動力です。
「人間主義」すなわち「心こそ大切」だと言う事を気づかせてくれる存在です。

⑥ 達人の尊敬する人

岡崎店の仲間と、人として常に正しい方向へと導いてくれる「人生の師匠」です。

岡崎店の仲間こそ尊敬し信頼しあえる最高の同志です。
常に向上心を持ち、「放っておくものか!」と言う気持ちが漲っている心の友です。

乱世にあって、これ程までに働きやすい環境が整った会社はないと思います。
改めて、感謝の思いでいっぱいです。

私もこの先、後輩ができたら「尊敬できる人」になれる様に心を磨く努力をしてまいります!

⑦ 達人になって見える景色や目線

悩んでいる人を見ると放っておけなくなります。

自分の事はさておいて、相手の悩みに対してどうしたら解決できるのか、元気になってくれるのか真剣に悩みます。
以前の私なら、上手く立ち回り、表面的なアドバイスをして良い人を気取っていたと思います。

それでは、根本的な解決にはなりません。
プライドを捨て、悩み苦しんだ分、相手の痛みも分かる様になってきました。
相手の悩みの根底にあるものは何なのか?

そこにある命の癖に気付き、解決する方法をアドバイスできる様になりました。
一人でも多くの友人に「人生観が変わった。勇気をもらった!元気になった!」と言って頂けるように
もっともっと「達人」を磨いてまいります!

⑧ 未来予想図

「それぞれの個性が輝き、生命の躍動を感じるエネルギッシュな職場にする」

ミズケンに来て頂けるお客様が、仕事の依頼はもとより社員と接する中で、勇気や希望を与えていける様な魅力ある一人一人になっていく。
ミズケンが社会貢献に尽力し、いく末は、町、市、県、国から感謝状を戴ける様な模範の会社になっていく。

一番大事な事は、「未来予想図」の中心に自分がいる事!!

⑨ 他人から見た達人のエピソード

【水野秀則】

アフターの達人。
お客様のアフターとは、即日対応をする事が当たり前ですが、それだけじゃないです。

ちょっとした水回りのトラブル発生時にも、至急対応している中で、お客様の心のケアーや安心をして頂くアフターです。
修理して終わりではなく、その後、再発してないかを気配りながら仕事をしているのが素晴らしいです。


【伊藤公一】

対応の素早さと丁寧さが素晴らしいと思います。
細部までこだわる仕事ぶりと責任感の強さがそこにつながっていると感じます。

現場経験も豊富な方ですので、お客様と施工側両方の目線から見た的確な判断で仕事を進めていける方だと思います。

⑩ 達人の宝物

家族も含めて「同志」です。

自分を良くも悪くも導いてくれるものは、物ではなく人だと考えます。
自分自身を常に向上させてくれる善知識にめぐり合う事が「達人」になる条件だと思います。
どんなことでも、何でも相談できる人を持つこと!

自分にはかけがえのない宝物、「同志」がいます。
絶対的な幸福境涯に導いてくれる「同志」がいます。
「宝物」をどんどん増やしていける自分になっていきます!

⑪ 達人ぶりをアピール

心から納得して頂ける様な接客を心掛けます。

私と接しているとすっきりした、勇気が湧いた、希望がもてた!と、言って頂ける様な人間になっていきます。
先ずは自分からもっともっと「達人」に磨きをかけていきます!
贄洋明 達人シリーズ