トイレと浴室のリフォーム リフォレに交換しました|豊橋市

今回はトイレと浴室のリフォームです。

①トイレ
既設トイレと収納を解体し、リフォレに交換
②浴室
壁にはアルパレージ(パネル)を施工し、床にはあんから(シート)を施工

それでは工事内容をご紹介いたします。
before
2383
■トイレ施工前
→
after
2753
■トイレ解体
既設のトイレは一般的なタンク付のトイレ。
トイレの後ろにはカウンターがあり、側面には埋め込み収納が付いています。
それらをすべて解体してリフォレに交換していきます。
before
2756
■トイレ造作
→
after
2757
■トイレ造作
トイレを撤去して、各所に下地を入れています。
トイレの背面にはトイレ収納を支えるため、側面にはペーパーホルダーやタオル掛けを支えるためです。
元々が埋め込みだったり、下地を必要としないものでしたので、しっかりと施工させて頂きました。
before
2773
■内装施工後
→
after
2776
■トイレ施工後
トイレ内で解体・復旧作業を行いましたので、内装クロスとクッションフロアを施工しました。
その後、トイレ(リフォレ)を取付して完成です。
扉をペーパーホルダーのカウンターが同色になっておりオシャレなトイレになりました。
before
2425
■浴室施工前
→
after
2427
■浴室床施工前
続いて浴室の工事に入ります。
全面タイル張りのお風呂ですが、タイルの目地がカビで黒くなってしまっています。
タイル本体も所々ひび割れしており、水漏れも心配です。
before
2815
■浴室施工後
→
after
2814
■浴室床施工後
浴槽の周りにアルパレージという商品(パネル)を施工しました。
また床にはあんから(シート)を施工しています。

どちらも保温性に優れたものなので、キレイになっただけでは機能的なお風呂になりました。

担当者
468a498afe974d329224e3fdb5fd4dd2
通常、在来のお風呂をユニットバスにする時には、どうしてもユニットバスを組み立てるだけのスペースが必要となり、既設より狭くなってしまいます。 こういった場合にはユニットバスにするのでは無く、浴室用のパネルやシートを使用することで快適になります。
common_voice04
お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ