水廻り床貼替えとアクセントクロスで雰囲気が変ります | 一宮市

クロスの貼替えを検討する中、金額をあまりかけず雰囲気を変えたいとお客さまからの声を頂きました。
 
もともとのシンプルな色合いで、全く問題はありませんでした。ただ全体的に細かいキズやヨゴレ等が見受けられました。スタンダードクロスの補修や清掃では対応しきれない状況でした。

一般的に1種類のスタンダードクロスで仕上げるケースが多いのです。金額的にも安価で対応出来ますから・・・。また、特に水廻りは清潔感が一番重要視される場所ですから、白色系統や淡い色がまとめる事多いですよね。 

アクセントクロスを貼替える事で、シンプルな雰囲気から、インパクトもあり、かっこよく仕上げる事が出来ましたよ。


before
7e7157fb911f6bcc870bf3d47d1b271c20
■洗面床施工前
→
after
洗面床 後
■洗面床施工後
もともとの床クッションフロアが汚れており、清掃では落とす事が出来ない為、貼替えをします。
白系のクッションフロアは清潔感がありますので、この材料を選択しました。

before
トイレ床
■トイレ床施工前
→
after
トイレ床 後
■トイレ床施工後
トイレの床クッションフロアも汚れており、清掃では落とす事が出来ない為、貼替えをします。
材料のクッションフロアを洗面と同じものにしましたので、統一感がでました。
before
水廻り前拡大
■水廻り床施工前(拡大)
→
after
水廻り後拡大
■水廻り床施工後(拡大)
明るさが際立つ、白系で大理石調のクッションフロアを選択しました。

今回のクッションフロアはビアンコという品名の材料です。
水廻りだけではなく、居住スペースで貼替をしても明るくてお洒落な空間を演出する事が出来ます。
before
トイレ壁
■トイレ壁施工前
→
after
トイレ壁 後
■トイレ壁施工後
トイレの壁にキズや汚れが見受けられました。
空間の雰囲気を変える為に正面の部分をアクセントクロスにて貼替えました。
インパクトを出す為に黒系の材料を選択しました。
before
CL内壁
■クローゼット施工前
→
after
CL内壁 後
■クローゼット施工後
収納内壁ですが、キズや汚れが見受けられました。
今回は、キズが付きにくい加工のしてあるアクセントクロスを選択しました。
生活用品の出し入れも安心です。

担当者
2c54a49f8d7771815705d4c66a7b5f86
室内の雰囲気は一部を少し変化させるだけで、ガラリと変える事が出来ます。全体をさわるリフォームだけではなく、アクセントクロスやクッションフロアを使用してみるのもおススメですよ。建物に関して、お悩みがある方は、 どんなことでもお話し下さい。皆さんの力にならせて頂きます。
common_voice04
お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ