コーナータンクのトイレをパブリック便器へ。コンパクトですっきりひろびろとしたトイレになりました|清須市

弊社の折り込みチラシでのお問い合わせで、最初は、ウォシュレットの交換でのお問い合わせでしたが、お打ち合わせをさせていただく中で、トイレが詰まりやすくなり使い勝手が悪くなったという事で、タンク・便器も新しい商品に取替させていただきました。
トイレタンク施工前
■トイレ タンク 施工前
トイレ本体施工前
■トイレ 便器・ウォシュレット 施工前
こちらは施工前の写真です。タンクがコーナー式タイプで、20年程度経過しおり、ウォシュレットも給水根元部分から水漏れしており、給水もタンク内にチューブを差し込んでおり、給水管から分岐していませんでした。いつでも外れてしまい、水漏れ等の心配もありました。

お問い合わせ内容は、ウォシュレットのみを交換希望でしたが、現在のご使用状況を伺うと、排水時に詰まり気味だという事でした。
便器本体も通常のサイズより一回り小さいタイプで経年劣化が見受けられ、お客様とお話させていただく中で、トイレタンク・便器・ウォシュレットを交換させていただくことになりました。
トイレ給水管位置
■トイレ 給水 施工前
トイレコンセント確認写真
■トイレ コンセント 確認
給水管の位置が壁に対してセンターにありました。壁を壊し給水位置を左右に移設するご提案もさせていただきましたが、今回は給水の位置を変えずに、トイレタンクをコンパクトなパブリック便器一式にしてスリムなタンクをご提案致しました。

リフォームをする際にいくつか確認する箇所があるのですが、その一つがコンセントです。
コンセントが無ければ新しく電気配線工事が必要です。今回は元々、コンセントがあり動作確認して正常に電気がきている事を確認しました。


施工中①
■トイレ 給水管取替 施工中
施工中②
■トイレ 給水管取替 施工中
こちらは、施工中の状況です。

既設のトイレ一式を外し、給水管を新しくします。センターにある給水部分は移設しませんが、止水位置を変えました。
これなら、新しいトイレ設置後、緊急時もすぐにお水を止めることができます。
トイレ施工後①
■トイレ 施工後
トイレ施工後④
■トイレ 施工後
施工後の写真です。
センター式のタンクですが、コンパンクト設計なので動作空間を確保し、使いやすくなりした。ウォシュレットもTOTO商品のPシリーズを選んでいただきました。

こちらの商品は音姫(擬音装置)付きで、トイレの音を聞かれたくない」という使用者に配慮。ムダに流される水をカットできますので節水できます。
トイレ施工後②
■ トイレ 紙巻器 施工後
トイレ施工後③
■トイレ タオル掛け 施工後
紙巻器も新しくしました。棚付き2連タイプですので、ストックがひとつ置けるだけでなく棚の上に小物を置いたりとさまざまな使い勝手に対応できます。

タオル掛けも新しくしました。空間になじみやすいスタイルなのでモダン和洋問わずご使用になれるタオルリングです。

お客様の声を頂戴しております。下のクリックボタンを押してください。

■クリックボタンはこちら←