和式トイレを洋式へ。天井と壁はクロス仕上げと床はクッションフロアに仕上げました。|清須市

弊社の折り込みチラシでのお問い合わせで、
清須市の木造2階建てのトイレを洋式にリフォームしました。

現地確認後、お客様と打合せさせていただきトイレに入る時の段差が危険だという事で
バリアフリーにしました。
リフォーム金額も50万以下で納まり、金額とリフォーム内容の両方でご納得いただき
工事させていただきました。


トイレ施工前①
■トイレ 施工前
トイレ施工前②
■トイレ 施工前
こちらは施工前の写真です。立ち上がりのある便器タイプで、手洗いボウルがトイレ内にあり、
ご使用になる時は段差があり不便だという事でした。
床はタイル仕上げで壁は腰下まではタイル、腰上が土壁で冬場は特に冷たさを感じるという事で、
今回の洋式トイレと一緒に、内装工事も施工させていただきました。
トイレ施工前③
■トイレ 施工前
トイレ施工中
■トイレ 施工中
床のタイルは解体して、新しく木下地を組み直しました。
解体した際、給水と排水管の位置を新しく設置するトイレに合わせて
新しくしました。

床はコンパネ12mm仕上げにして、この状態の上に新しいクッションフロアを貼ります。


トイレ施工中②
■トイレ 施工中
トイレ施工中③
■トイレ 施工中
こちらも施工中のお写真です。

天井と壁もコンパネ仕上げにしたので、アクセサリー(タオル掛けや紙巻器)を付ける際、
お客様のご使用しやすい位置に設置することができます。

今回の工事でバリアフリーにもこだわり、トイレに入る敷居から段差を解消して、
足を躓かないように設計しました。
トイレ施工中④
■トイレ 施工中
トイレ施工後①
■トイレ 施工後
トイレ内の天井、壁、床の下地組み工事が終わりその後、内装工事で天井と壁をクロス仕上げにしました。
床のクッションフロアを貼った後、最後に器具付け(トイレタンク・便器・便座・タオル掛け・紙巻器)で完了です!
トイレ施工後②
■トイレ 施工後
トイレ施工後③
■トイレ 施工後
給排水の接続、器具付けなど全ての工事が完了した後に、動作確認として水漏れなどの
不具合が無いか確認します。

そして、引き渡しの際にお客様に水を流していただいたりとチェックしていただきます。
クロスなどの内装部分の仕上がりもチェックしていただきます。


お客様の声はこちら