浴室、洗面、トイレがユニットになっている水廻りの入れ替え|名古屋市中村区

今回ご紹介する工事は、マンションの水回りが、浴室、洗面、トイレがセパレートになっているユニットから、それぞれの空間を独立させた工事です。

浴室、洗面、トイレがそれぞれ分かれてはいましたが、一体になったユニットで組んでありました。

かなりの年数が経ってかなり傷んでおり、水廻り3点を交換することになりました。
before
室内リノベーション
■浴室入れ替え前
→
after
室内リノベーション
■浴室入れ替え後
室内リノベーション
■洗面入れ替え前
室内リノベーション
■トイレ入れ替え前
通常は浴室のみ解体し、洗面やトイレは既存の壁を利用することが多いのですが、今回は一体のユニットになっていましたので、床、壁、天井を全て解体していきます。


室内リノベーション
■ユニット解体後
室内リノベーション
■ユニット解体後
ユニットを解体するまで、配管等がわからない状況でした。

天井裏の配管が、ユニットバスの天井高ギリギリでしたので、ユニットバスを当初予定したものから、天井高の低いものに変更することで、何とか入れることが出来ました。


室内リノベーション
■洗面入れ替え後
室内リノベーション
■トイレ入れ替え後
室内リノベーション
■洗面入れ替え後
室内リノベーション
■ユニットバス入れ替え後
浴室はユニットバスを入れて、洗面とトイレは造作で天井、壁、床を組みました。

トイレのドアも既製品の建具を使用し、白とこげ茶のスタイリッシュな空間になりました。

元々のトイレは壁付けのコーナータンクが付いているセパレート式でしたが、新しいトイレは便器とタンクが一体になっているタイプにしました。
便座も温水洗浄機能付きにしました。