玄関姿見設置 | 豊田市

before
b0f2b8b3f5b7e4fad812adab83e5c5dc
玄関姿見設置前

玄関には鏡がなく、わざわざ洗面所までチェックしにい

かねばならない状態でした。


→
after
858313a11b198b8cff6e345f592dfe84
玄関姿見設置後

出かける前に全身をチェックするための、

大きな姿見と壁掛けハンガーフックを設置しました。





■姿見(すがたみ)とは

身なりを整えるために全身を映す大形の鏡。18世紀後期にフランスで創案され、19世紀に各国で流行したもので、
長方形、楕円(だえん)形の鏡を回転軸で2本の支柱に取り付けたものである。
日本には明治期に入ってきたが、最初はもの珍しさから室内装飾品として使われていた。
大正時代に鏡台を兼ねた姿見が創案されるが、そのほか和服の着付用に、縦に長い足元まで映る専用の姿見もつくられ、
現在に至っている。

今回は玄関とリビングをつなぐ廊下の壁に全身映る姿見鏡を設置しました。
ここは、毎日何度も通る場所なので、だらしない格好で歩いていると嫌でも目に入り、自分への戒めにもなります。

軽量だから壁に掛けられる大型の姿見ミラー。特殊フィルム製で、倒れても割れない鏡なので、防災対策としても安心。
スタイリッシュなミラーで想像以上に玄関がモダンになりました。

他に、舞台やジムで業務用としても使われている、大人気の割れない姿見もあります。是非ご検討下さい。