ペットの爪痕だらけの部屋を一新 | 豊橋市

before
IMG_16742
■収納扉リアテックシート貼り・前
→
after
IMG_20691
■収納扉リアテックシート貼り・後
before
IMG_16751
■腰壁アクセントクロス貼り替え・前
→
after
IMG_20632
■腰壁アクセントクロス貼り替え・後
before
IMG_16791
■トイレ、アクセントクロス貼り替え・前
→
after
IMG_20653
■トイレ、アクセントクロス貼り替え・後
IMG_20673
■玄関アクセントクロス貼り替え・前
IMG_20623
■腰壁アクセントクロス貼り替え・後
IMG_20682
■玄関収納扉リアテックシート貼り・後
IMG_20642
施工後:クローゼット扉の全体像です。
以前の入居者様がペットを飼われていたため、室内のいたるところに爪痕が残されていました。
壁のクロスだけでなく、クローゼット扉の表面にも引っ掻きキズが残されてしまっていました。
そのままでは次の入居者様を迎える事が出来ません。

クロスに関しては、元々、腰壁にアクセントクロスが貼られていたので、柄を変更してアクセントクロスの貼り替えを行う事になりました。
ご要望が「明るい雰囲気の部屋」ということだったので、奇抜にならないながらも以前よりも室内全体が明るく見えるようにアクセントクロスを選んでいきました。

トイレの奥面と下駄箱の奥面もアクセントクロスを貼り替えることになりました。
腰壁に板張り柄のアクセントクロスを貼る事になりましたので、トイレと下駄箱にもそれぞれ板張り柄のアクセントを入れ、統一感を持たせることにしました。

クローゼット扉はリアテックシートを上貼りすることで、傷を隠し、明るい雰囲気の見た目に変更しました。

また、こちらの物件では床全体にクッションフロアが貼られており、以前の入居者様が物を置いた跡などが残ってしまっていました。
こちらも貼り替えを行わさせて頂きました。
貼り替えの際には、以前よりも明るく、腰壁のアクセントクロスの色に合わせたものを選びました。

担当者
3eb3b9250f9964c5cd22129cddb9fb71
この物件では、腰壁のアクセントクロスとトイレ、下駄箱のアクセントクロス、そしてクローゼット扉のリアテックシートで室内を明るい雰囲気に仕上げました。 当初、アクセントクロスを選んでいる際に明るい雰囲気という事ばかりを気にしてしまい、統一感の無さや奇抜すぎるアクセントクロスを選んでしまっていました。 室内全体にわたってアクセントクロスを貼る際は、統一感や全体の印象をしっかりと考えながらどのアクセントクロスをどこに貼るかを考えなければいけないと改めて気づく事が出来ました。
common_voice04
お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ