建具リアテックシート貼りで傷ついてしまった扉を補修 | 豊橋市

皆さまこんにちは!

この時期になると冷たい空気がドアの隙間から入ってきて嫌だ! という方も多いのではないでしょうか。
市販の隙間用スポンジなどで対策される方もいらっしゃるかと思いますが、そんな時に気を付けないといけないのが、その接着方法です。
樹脂やガラスなどであれば、剥した後に粘着物が残ってもある程度は落とす事が出来ますが、木や建具のシートに接着してしまうと、跡が残ったりシートが剥がれてしまう原因になります。

今回は、そういった跡が残ってしまった建具の補修をした施工実績をご紹介します。
before
IMG_26503
建具リアテックシート貼り 施工前
→
after
IMG_27311
建具リアテックシート貼り 施工後
LDKの建具下部に、隙間用スポンジを付けていたとのことで、そのスポンジを剥す際に、一緒に扉の化粧シートまで剥がれて跡が残ってしまっていました。
余りにもひどい場合は扉の交換なども視野に入れる場合がありますが、今回は費用を抑えられるようにリアテックシートを上貼りして傷を隠すことにしました。
before
IMG_26512
建具リアテックシート貼り 施工前
→
after
IMG_27291
建具リアテックシート貼り 施工後
建具下部をアップにした写真になります。
スポンジを貼っていた跡がはっきりと残ってしまっていました。
しかし、それ以外に破損等は無く、表面もほぼ平らな状態のままでしたので、パテ補修などは必要なく、そのままリアテックシートを貼る事ができました。

表面に凹凸が出来てしまっていたり、破損があると、そのままリアテックシートを貼るとすぐに剥がれてきてしまう原因になるので、その場合はパテなどでしっかりと補修をしてからリアテックシートを貼る事になります。
before
IMG_26521
建具リアテックシート貼り 施工前
→
after
IMG_27321
建具リアテックシート貼り 施工後
同じ建具で、側面のシートが経年で剥がれてしまっていました。
こちらに関しては残っているシートも全て剥がしてから、表面をならし、リアテックシートを貼りました。
IMG_16072
トイレ、アクセントクロス貼替 施工後
IMG_2735
洗面、CF貼替 施工後
トイレのアクセントクロスと洗面のクッションフロアの貼り替えになります。
トイレはストライプ柄の入ったものを選び、天井までの高さを視覚的に広げるような効果を狙いました。
洗面のクッションフロアは白を基調に柄の入ったもので、洗面所全体が白で清潔感のある雰囲気になる様にしました。
IMG_2736
洗濯機用水栓交換 施工後
IMG_20265
室内照明設置 施工後
洗濯機用の水栓で、ニップルを交換しました。
洗濯機を取り付ける為にはこのニップルは必需品ですが、蛇口と一体型の物を取り付けたため、余分な部材を後から取り付ける必要もなく、安心して使える様になりました。

また、室内に照明器具を設置しました。
照明はもちろんLDEで蛍光灯交換の必要のないものを設置しました。
リアテックシートは様々な場所で力を発揮してくれます。
今回のような建具だけでなく、キッチンの扉や浴室の壁など、その用途は多岐にわたります。

建具の交換になると場合によっては枠ごと交換の必要もあり、費用もその分大きくなっていきます。
しかし、リアテックシートであれば、既存の建具に上からシートを貼るだけですので、費用も抑えながら、作業時間も短縮させる事が出来ます。

担当者
3eb3b9250f9964c5cd22129cddb9fb71
建具を交換するほどは考えていないけれども、今までと違った雰囲気にしたいというような際にも、リアテックシートは力を存分に発揮してくれます。 この建具にはリアテックシートは貼れるのか?どういったシートの種類があるのかなど、お聞きになりたい時は是非、ミズケンにお問い合わせください!
common_voice04
お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ