畳表交換・襖貼替、洗面CF貼替、建具ガラス交換 | 豊橋市

皆様こんにちは!

今回は全体的に修繕が必要なお部屋で出来る限りコストを抑えて施工できないかと依頼を受けた施工実績をご紹介します。


before
PA2302891
■畳表交換 施工前
→
after
IMG_16541
■畳表交換 施工後
畳の表替えを行いました。

経年による劣化と日焼け以外にも大きなシミが付いてしまっていました。
表替えにより綺麗な畳に戻りました。
before
PA2302902
■和室内装仕上げ 施工前
→
after
IMG_1656
■和室内装仕上げ 施工後
和室の壁には様々な落書きがされてしまっていました。
洗浄等で落とすことは不可能なので、全面の貼り替えを行いました。
畳の緑にクロスの白が鮮やかな和室に戻りました。
before
PA2302912
■襖貼替 施工前
→
after
IMG_16574
■襖貼替 施工後
襖がボロボロになってしまっていました。
一部は中の気にまで破損がありましたが、そこまで大きな破損では無かったため、なんとか表面の貼り替えで済ませることができました。

内部まで破損してしまっている場合は、襖本体の交換が必要になってくることが多いので気を付けなければいけません。
before
PA2302601
■洗面CF貼替 施工前
→
after
IMG_16512
■洗面CF貼替 施工後
洗面のクッションフロアを貼り替えました。
沈着汚れで清潔感が無くなってしまっていましたが、ピカピカのクッションフロアで清潔感が戻りました。
before
PA2303102
■建具ガラス交換 施工前
→
after
IMG_16611
■建具ガラス交換 施工後
建具のガラス交換をしました。
建具にはめ込まれていたガラスが割れてしまって、一部が破損していました。

新しいガラスをはめ込み、表面は補修したあとにリアテックシートを貼り、新品同様の状態に戻す事が出来ました。
今回、様々な修繕が必要なお部屋での施工でしたが、出来る限り低コストで抑えたいとのことで、新品への交換はできるだけ避けての施工を行いました。
しかし、余りにも破損がひどかったりする場合は、先のことも考え新品への交換がお勧めです。

修繕で済むのか、交換しないといけないかの見極めも難しいので、悩んだ際は、業者に依頼をしてみる事をお勧めします。
その際も、一社だけでは無く、複数社に依頼をすると、適正な価格や方法がより分かり、良いかもしれません。

担当者
3eb3b9250f9964c5cd22129cddb9fb71
建具等が破損してしまった際、ひとまず修繕で直るかもしれないけれど、どうなんだろうとお浪の方がいらっしゃいましたら、是非一度、ミズケンへご相談ください。
common_voice04
お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ