玄関チャイム交換、トイレボールタップ・ゴムフロート交換、網戸張り替え | 豊橋市

皆様こんにちは!

今回は、玄関チャイムの交換、トレイのゴムフロート・ボールタップの交換、そして網戸の張り替えを行った施工をご紹介します。
IMG_22343
■玄関チャイム交換 施工前
IMG_22332
■玄関チャイム交換 施工前
玄関チャイムの交換を行いました。
玄関でスイッチを押しても音が聞こえなくなったとのことでした。
玄関のスイッチに連動して室内側のチャイムの中で、金属の板を叩き”キンコーン”と音を鳴らすタイプのかなり古いチャイムでした。

内部を確認すると、劣化がかなり進んでおり、金属を叩くためのハンマーがうまく動作していない状態でした。
before
IMG_32532
■玄関チャイム交換 施工前
→
after
IMG_32542
■玄関チャイム交換 施工後
現在でも、まだまだ需要があるようで、同じタイプのチャイムが販売されています。
室内側のチャイムのみ新品に交換を行い、また以前のように大きな音で"キンコーン”と音が鳴るようになりました。
before
IMG_32671
■トイレ、ボールタップ交換 施工前
→
after
IMG_3264
■トイレ、ボールタップ交換 施工後
トイレの内部で水漏れが起こっているようだとのことでした。
タンクのフタを開けて内部を確認するとボールタップが劣化してしまっていました。

このボールタップは、タンクに水をためる際に一定の水量になると水が止まるようにするための部品で、これが劣化すると水がいつまでたってもしっかりと止まらずにタンクの中でちょろちょろと水が流れ続けてしまいます。

新品のボールタップに交換し、しっかりと水が止まるようになりました。
before
IMG_32661
■トイレ、ゴムフロート交換 施工前
→
after
IMG_3265
■トイレ、ゴムフロート交換 施工後
ボールタップと同じく、ゴムフロートも劣化していたので交換を行いました。

ゴムフロートは、タンク内部の穴を塞いで水をせき止めている部品で、レバーと連結して水を流したり止めたりする部品になります。
ゴムフロートが劣化したり破損してしまうと、便器の内部にちょろちょろと水漏れが起こってしまい、余分な水道代の原因になってしまいます。
before
IMG_32713-e1454318053326
■網戸張り替え 施工前
→
after
IMG_32704
■網戸張り替え 施工後
網戸が破れてしまっているとのことで、張り替えを行いました。

網を抑えるゴム紐も伸びてしまっていたので、網とゴム紐を新品のものに取り換えて張り替えを行いました。
トイレでの水漏れには便器内部への水漏れと外部への水漏れがあります。
今回交換した部品の劣化では、基本的に便器内部への水漏れが発生するので、緊急性が感じられず、まぁいいかと思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、余分な水道代の原因になったり、思わぬトラブルの原因になる可能性もあるので、早急な対処は必要かと思います。

また、便器外部への水漏れの場合は、床の下地が劣化したり腐食する原因につながります。
マンション等だと階下への漏水被害の原因になるので、より迅速な対処が必要になります。

部品交換で済む場合もあれば、便器本体を交換しなければいけない場合もありますので、水漏れの症状が出た際にはプロの業者へ早急にご連絡されることをお勧めします。

担当者
3eb3b9250f9964c5cd22129cddb9fb71
直接的な被害がないから……と後回しにしている問題はありませんか。そういった問題が、いつ思わぬ大事につながるかわかりません。そんな際も、ぜひ一度、ミズケンへご相談ください!
common_voice04
お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ