排水管修繕、温水洗浄便座新設とボールタップ、洗面化粧台交換 | 豊橋市

皆様こんにちは!

今回は排水管の修繕と温水洗浄便座新設、ボールタップ・洗面化粧台を交換した工事をご紹介します。
before
DSCF60371
■排水管修繕 施工前
→
after
DSCF60401
■排水管修繕 施工後
外壁にある排水管が何かの拍子に破損してしまったとのことでした。
全体の交換ではなく、応急処置でもいいから修繕をしてほしいとのご依頼でした。

割れてしまった管同士をかみ合わせてつなげ、テープを用いて補修を行いました。
見栄えは少し悪いかもしれませんが、よほどのことがない限り外れることがないほど頑丈に修繕を行いました。
DSCF6038
■排水管修繕 施工前
DSCF6041
■排水管修繕 施工後
排水管同士をつなげる際は、そのままではすぐに外れてしまうので、断面を凸凹のようにし、かみ合わせてからつなげるようにしました。
そうしたことで、以前と同じくらいの強度を得ることができました。
before
IMG_1098
■温水洗浄便座新設 施工前
→
after
IMG_1099
■温水洗浄便座新設 施工後
温水洗浄便座の新設を行いました。
コンセントがもともとついていたため、スムーズに施工を行うことができました。
before
DSCF60351
■ボールタップ交換 施工前
→
after
DSCF60361
■ボールタップ交換 施工後
トイレのタンク内部でちょろちょろと水が流れる音がするとのことで、確認を行いました。
ボールタップが劣化していたため、しっかりと水が止まらなくなっていました。
新しいものに交換を行い、水漏れは改善されました。
before
IMG_11461
■洗面化粧台交換 施工前
→
after
IMG_11471
■洗面化粧台交換 施工後
洗面化粧台の交換を行いました。
鏡の手前部分のプラスチックが割れてしまっており、交換ということになりました。

壁と化粧台の隙間がコーキングで埋められていたため、交換に際し、壁紙の貼り替えも必要になりそうでしたが、新しい化粧台が高さが同じものを用意できたので、以前のコーキング跡の上から新しいコーキングを打ち、施工を完了することができました。
今回、排水管の修繕に際しては交換は行いませんでした。
しかし、いつかはガタが来てしまうので、こういった破損の際にはやはり新しいものへの交換をお勧めします。

交換しなければいけないと修繕で済むものの違いはプロでないと見極めが難しいかと思います。
困った際は早めに業者へご連絡して頂くことをお勧めいたします。

担当者
3eb3b9250f9964c5cd22129cddb9fb71
建物に関することでは、思わぬ破損が起きることがあります。その際、今はひとまず何とかしたいということもあるかと思います。そんな時も、ぜひ一度、ミズケンへご相談ください!
common_voice04
お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ