温水洗浄便座設置、インターホン交換、室外機ガス漏れ修繕、外壁コーキング打ち | 豊橋市

皆様こんにちは!

今回は、温水洗浄便座設置、インターホン交換、エアコンの室外機ガス漏れ修繕、外壁コーキング打ちを行った工事をご紹介します。
before
DSCF61391
■温水洗浄便座設置 施工前
→
after
DSCF61401
■温水洗浄便座設置 施工後
トイレのフタが割れてしまったとのことで、この機会に温水洗浄便座を設置することになりました。
温水洗浄便座を新設する際には、トイレの中にコンセントがあることを必ず確認しなければいけません。
今回はもともとコンセントがあったため、問題なく設置が可能でした。
before
DSCF61351
■インターホン交換 施工前
→
after
DSCF61361
■インターホン交換 施工後
インターホンの交換を行いました。
新しいものはテレビモニターホンで、これで防犯もばっちりです。
before
DSCF6152
■室外機ガス漏れ修繕 施工前
→
after
DSCF6154
■室外機ガス漏れ修繕 施工後
エアコンが作動しても冷房が使えないとのことで、確認を行うと、室外機でガス漏れが起きていることが分かりました。
ガスの管と室外機をつなぐ部品を交換し、ガスを注入すると、冷房がまた使えるようになりました。
before
DSCF6115
■外壁コーキング打ち 施工前
→
after
DSCF6116
■外壁コーキング打ち 施工後
窓付近から雨の日に水が入ってくるとのことで、確認すると、外壁と窓枠の隙間のコーキングが劣化してその隙間から水が侵入しているようでした。
既存のコーキングの上から新しいコーキングを打ち、水が侵入しなくなりました。
before
DSCF61191
■エアコン角度調整 施工前
→
after
DSCF61201
■エアコン角度調整 施工後
冷房が使えなくなったエアコンとは別のエアコンで、室内に水が漏れてくるとのことでした。
エアコンを設置する際には発生した水が室外に排出されるように、少しだけ傾斜をつけて設置をしますが、その傾斜が甘く、それが原因だということが分かりました。

一度、エアコンを取り外し、水が排出されるよう傾斜を付け直して設置を行いました。
温水洗浄便座の新設では、コンセントの有無が重要になってきます。
コンセントがあれば、ほぼ問題なく設置ができますが、既存のコンセントがない場合は新しくコンセントを付けないといけなくなります。

その際に、壁の中に配線を通すことができれば通常のコンセントと同じように壁に埋め込まれたコンセントを設置することができますが、場合によっては露出配線で、壁に配線が出てしまうことがあります。

コンセントがない場合は、しっかりと業者へご相談していただくことをお勧めいたします。

担当者
3eb3b9250f9964c5cd22129cddb9fb71
新しくものを設置したいけれど、今のままで設置できるのかどうかわからないというような場合でも、ぜひ一度、ミズケンへご相談ください!
common_voice04
お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ