水漏れしていたトイレ。便器・タンクの交換|一宮市

今回ご紹介する工事は、水漏れしていたトイレの、便器・タンクの交換工事です。

 

トイレの便器と床との間から、水が染み出てきているとのご連絡があり、現地調査させていただきました。

before
トイレ交換
■トイレ便器・タンク交換 施工前
→
after
トイレ交換
■トイレ便器・タンク交換 施工後
トイレ水漏れ
■トイレ便器廻り水漏れ 施工前
トイレ水漏れ
■トイレ便器廻り水漏れ 施工前(アップ)
まず床に水が溜まってしまう原因は、便器と床の間にあるフランジパッキンと呼ばれる、排水管と便器をつないでいる部材からの水漏れが考えられました。

給水管の止水栓も何度か補修をした形跡があり、腐食が進みじわじわと水が染み出てきているようでした。


また、現状の水漏れや、経年を考えると、タンクと便器をつなぐ密結パッキンからの水漏れも懸念されます。

トイレ水漏れ
■トイレ便器交換 施工前
トイレ水漏れ
■トイレタンク交換 施工前

便器内に水がチョロチョロと流れてくるのは、フロート弁と呼ばれる、タンクから水を流したり、止めたりしている部品が劣化しているのが原因でした。

フロート弁の多くはゴムでできており、劣化してくるとゴムの成分が溶けて、弁としての機能を果たさなくなり、溶け出したゴムの黒い成分が流れ出し、タンクや便器内を汚してしまいます。

 

トイレ水漏れ
■トイレフランジパッキン交換 施工前
トイレ交換
■トイレ便器・タンク交換 施工後
便器を外してみたところ、以前に便器を脱着した際にきちんとパッキンがはめられておらず、そこが劣化してしまっていた事が原因でした。

パッキンや部品の交換で修理を行うことは可能でしたが、将来的に他の部分の劣化による水漏れを気にされていましたので、今回交換部品が多いこともあり、新品の便器とタンクへの交換をご提案しました。

 

修理か新品への交換か、ご検討していただいた結果、新品への交換をさせていただくことになりました。

合わせて、給水管の止水栓も新しいものに交換を行いました。

 

新品への交換に際し、注意するのが排水管の位置です。

壁から排水管までの位置が、トイレの機種により決まっていますので、既設トイレの排水芯までの距離と同じものを選ばなければいけません。

 

そこで今回使用したのは、排水芯を一定範囲調整できる、リフォーム用のLIXILアメージュZリトイレを使用しました。

 

排水管のやり替え工事なども必要なく、交換は1日で完了します。


担当者
68a93cd5deef33c20a3d207c709cd476
トイレの水漏れ箇所を判断するのは、なかなか難しかったりします。 気が付くと床に水が溜まっているが、便器やタンクの廻りも濡れていなかったり、給水管からも水が漏れていなかったりする場合もあります。 水が溜まっている場所や、トイレの状態をみて、水漏れを起こしやすい場所を調べながら水漏れ箇所を特定してきます。
common_voice04
お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ