破損した浴室折れ戸をカバー工法で交換|一宮市

今回ご紹介する工事は、破損してしまった浴室折れ戸の交換工事です。

 

浴室入口の折れ戸がきちんと閉まらずに、お風呂に入っていると途中で開いてしまうとのご連絡があり、現地調査させていただきました。

before
浴室折れ戸カバー工法交換
■浴室折れ戸交換 施工前
→
after
浴室折れ戸カバー工法交換
■浴室折れ戸交換 施工後

浴室の折れ戸を見させていただいたところ、本来であれば折れ戸を閉めたときに、折れ戸のラッチ(折れ戸を閉めた時に開かないようにバネで固定する部品)が枠にかかり開かなくなるのですが、ラッチを固定している扉の部分が割れてしまって、ラッチが機能しなくなっていました。

 

『カチャッ』とラッチがかかるときに、扉に力がかかるのですが、使用していくうちに扉の比較的細く弱い部分が割れてしまっていました。

 

浴室折れ戸カバー工法交換
■浴室折れ戸交換 施工前①
浴室折れ戸カバー工法交換
■浴室折れ戸交換 施工前②
浴室折れ戸カバー工法交換
■浴室折れ戸表示
浴室折れ戸カバー工法交換
■浴室折れ戸表示
一時的に補修をしても、開け閉めの際に力がかかるので、また割れてしまう可能性が高いので、扉の交換を行うことにしました。

 

お風呂の表示を探し、折れ戸のサイズを測りメーカーに問い合わせしましたが、既にこの規格に合う扉はなく、扉のみを交換することができないとのことでした。

 

そこでコストを抑える為、リフォーム用の折れ戸と枠を使うことにしました。

リフォーム用の折れ戸は、既存の枠の上から新しい枠をはめ込む、カバー工法と呼ばれる方法で取り付けます。

 

カバー工法は、既存の枠を外す必要がないので、枠の周りを傷つけることなく、扉を新しくすることが出来ます。

 

浴室折れ戸カバー工法交換
■浴室折れ戸交換 施工後①
浴室折れ戸カバー工法交換
■浴室折れ戸交換 施工後②
浴室折れ戸カバー工法交換
■浴室折れ戸交換 施工後③
浴室折れ戸カバー工法交換
■浴室折れ戸交換 施工後④

現状の開口寸法や扉の寸法を測り、規格の合うリフォーム扉を探します。

 

カバー部材を取り付け、周りをコーキング処理し、水が回らないようにします。

新しい扉をはめ込み、動作確認を行い、浴室折れ戸の交換が完了しました。

 


担当者
68a93cd5deef33c20a3d207c709cd476
今回は規格に合うものがありましたが、ある程度の範囲であれば、オーダーで作ることも可能です。 扉の破損だけでなく、年月により動きが悪くなったり、変色してしまったりして、扉を交換したいと考えている方もお見えだと思います。 カバー工法による扉の交換も、浴室リフォームもミズケンにご相談下さい。
common_voice04
お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ