奥行きを感じアートチックなトイレ|名古屋市緑区

before
IMG_5273
みなさま、こんばんは!!!名古屋西店の高倉です!今日は原状回復工事でトイレのクロスとクッションフロアを張り替えましたので紹介したいと思います。

少し奥行きがを感じるトイレでしたが、さらに奥行きを感じさせるためにクッションフロアとアクセントクロスの色を濃い色にしてみました。

ただ単色にしても面白みにかけるというオーナー様に意向で品番を決めていただいています。
→
after
IMG_54661
施工後の写真です。

タンク裏のクロスをアクセントクロスにしました。
今回使用したのはサンゲツのファインのカタログから選んでいます。今年から新たな品番が増えたファインですがその中から、アート感のあるアクセントクロスなっています。いつもは単色だったり、無難な柄のアクセントクロスを使用したりしていましたが、「少し派手かもしれない」と思ってしまうアクセントクロスもタンク裏の一部分であれば、特に気にしなくても使うことが出来ますね!

クッションフロアは、タンク裏のアクセントクロスと色を合わせています。黒系の利点ですが、やはり汚れの目立ちにくさだと思います。トイレや洗面所の床にマットを敷くと思いますそのマットの色がクッションフロアに移ってしまうことがありせっかく新品に変えても意味がないので、目立ちにくい黒色にしてあります。

今回のように、目の錯覚を利用して空間を広く見せています。
目の錯覚を利用できるのは、トイレだけはないので、クロスの柄や色を使えば自宅を低コストで増築チックな気分を味わうことが出来ますね!

担当者
626cb8f5e67942d3300ebbc9b01227d6
住む人、部屋の雰囲気、明るさなどを気にしてアクセントクロスを選んでいます。
common_voice04
お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ