分譲マンションのLDK、洋室、下地組、クッションフロア工事|稲沢市

今回、ご紹介させていただく施工実績ですが、分譲マンションのグリッパーカーペットを変更してクッションフロアにしました。カーペットを撤去すると、コンクリートになってしまうので、下地組み施工として、コンパネ12mmを使用して下地を組み、その後にクッションフロアを貼りました。各部屋の建具敷居部分に段差がありましたので、垂木とコンパネで段差を解消しながら施工しました。
before
DSC_1777
■下地組・クッションフロア 施工前
→
after
DSC_1860
■下地組・クッションフロア 施工後
分譲マンションを購入されたお客様より、リフォーム工事をいただきました。今回は床の張替工事で、カーペットをクッションフロアに変更する内容をご紹介させていただきます。品番も木目調の柄にして見た目もガラリと変わりました。施工中は空室でしたので一気に施工することができました。
DSC_1791
■床下地組・クッションフロア① 施工前
DSC_1794
■床下地組・クッションフロア② 施工前
リビングダイニング、洋室2部屋がグリッパーカーペットでキッチン部分はクッションフロアでしたので張り替えすることにしました。施工前の状態では特に、破損などはありませんでしたが、カーペットのままだとダニなどが気になるという事で床材を変更したという事でした。フローリングかクッションフロアの2パターンをご提案しましたがお客様のご要望でクッションフロア施工にします。
IMG_0025
■床下地組・クッションフロア① 施工中
IMG_0029
■床下地組・クッションフロア② 施工中
既設のカーペットを剥がして、グリッパー部分も撤去しました。今回はコンパネなどで下地を組み施工になり、各お部屋の建具箇所の敷居に段差があったので、垂木とコンパネ12mmを使用して下地を作り、敷居との段差を解消しました。リビングダイニングとキッチンとの間もバリアフリーになるように施工しました。
DSC_1841
■床下地組・クッションフロア① 施工後
DSC_1843
■床下地組・クッションフロア② 施工後
こちらはリビングダイニング、キッチンの施工後の写真です。各部屋のクッションフロアの柄は同じ品番にして統一させました。床上げしましたが、掃き出し窓に干渉することなく施工できました。建具箇所の開閉もスムーズにできることを確認して不具合なく納めることができました。
DSC_1845
■床下地組・クッションフロア③ 施工後

DSC_1855
■床下地組・クッションフロア④ 施工後
写真左側は洋室の写真です。こちらも掃き出し窓や各お部屋の建具に干渉することなく施工できました。今回の施工で、リビングダイニング、キッチン、洋室2部屋が全て、床高さを同じにできました。
DSC_1857
■床下地組・クッションフロア⑤ 施工後
DSC_1858
■床下地組・クッションフロア⑥ 施工後
写真左側はキッチン部分ですが、既設のガス台や流し台を移動せずにそのままの状態で施工しましたが、キッチン扉が開閉できないなどの不具合無く納めることができました。リフォーム工事では建具や敷居部分など下地を組んだ時などは干渉するかどうかがポイントになります。今回は、下地を52.5mmにしてクッションフロアの厚み1.8mmで約55mm前後にしました。