分譲マンションの浴槽交換、床シート貼り、ブロック、モルタル|稲沢市

今回、ご紹介させていただいた施工実績ですが、分譲マンションの浴室内の浴槽を解体し、間口を広げた浴槽を設置してコンクリート補修した工事と、床に防水シートを貼りました。工事金額は約40万で施工期間は約1週間でした。お客様がお引越しする日時が決まっており、施工期間も短かったので、事前にお客様と打合せしながら材料や色、品番を決めていただき、職人さんの工程の手配等して工期内に収めることができました。
before
DSC_1787
■浴槽交換・床防水シート貼り 施工前
→
after
DSC_1872
■浴槽交換・床防水シート貼り 施工後
お客様のご要望で、システムバスに交換したかったのですが、調査したところ、在来工法の浴室にしかできないという事でしたが浴槽を広くすることと、床のタイル部分に防水シートを貼る施工にしました。新しい浴槽も浴室の間口いっぱいに納める事ができました。床防水シートは既設のタイルを利用して下地処理をして施工して全体的なコストも抑えることもできました。
DSC_1784
■浴室床防水シート貼り 施工前
DSC_1788
■浴槽交換 施工前
既設の状態を確認したところ、在来工法の浴室で天井部分がバスリブが貼られており、壁がタイル貼りで、床もタイル貼りでした。システムバスにはできない構造でしたが、お客様の一番のご希望が浴槽が狭いので広くしたいということが一番でしたので、コンクリートブロックとコンクリートで固められた浴槽を壊して、浴室の間口いっぱいにした浴槽を設置することになりました。既設浴槽を解体する際に床タイル面も一部、解体するので復旧する時に防水シートを貼ることにしました。
IMG_0027
■浴槽交換① 施工中
IMG_0038
■浴槽交換② 施工中
こちらの写真は既設浴槽を解体した後の写真です。浴室間口に合わせて、ブロックを積んでコンクリートで固めた浴槽でしたが、撤去して躯体部分が見える状態まで解体しました。新しい浴槽を設置する際に、間口も奥行きも広がるので、床タイル面も一部解体しました。ここから補修しながら新しい床材を貼っていきます。
IMG_0026
■浴槽交換③ 施工中
DSC_1853
■浴槽交換④ 施工中
写真左側は、新しい浴槽です。メーカーはLIXIL(リクシル)のポリエックです。 規格・特徴をご紹介します。 ・外寸法:1200×720×585 内寸法:1040×600×530 ・満水量:270L ・質量:25kg ・1方全エプロン(エプロン着脱式) ・左排水 ・公団用 ・カラー:L11ミスティアイボリー こちらの商品を納めて、写真右側のように浴室内に納めることができました。
before
DSC_1854
■浴室床防水シート 施工中
→
after
DSC_1861
■浴室防水シート 施工後
浴槽設置後、カットした床を補修して新しい防水シートを貼りました。既設タイルの状態から下地補修として、モルタル下地をつくりました。モルタルが乾燥してから床防水シートを貼りました。色も浴槽に合わせてアイボリーにしました。天井と壁はそのままの状態でしたが、浴室の間口は変わらず、浴槽を広くすることができました。